読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノベーションの作り方

残業してたら上司から突然、印刷物を渡された。

※プライバシーの関係でモザイクをかけています。

f:id:speed_star_99:20141010012705j:plain


ノーベル賞を受賞された中村修二先生が、2001年にウチの会社の研究所に講演に来たときの聴講レポート。
受賞のニュースを機にレポートを書いたことを思い出したらしい。
講演の内容は就職からその当時に至るまでの生い立ちで、特に窒化ガリウムの量産化に至る前後の話はすごく面白かった。

受賞の件もあって、最近は特許の報酬うんぬんで記事が書かれたりしてますが、僕も一知財部員なので自社に限っては社内事情を知ってたりするので色々思うことあるわけです。

ちなみに、特許を出願して登録するだけだったら、それなりのフォーマットに落とし込んで時間と手数料さえ掛ければ、すごく簡単に登録して権利化できます。僕も年間で述べ3桁分の特許を登録させたりしてます。

ただ、そのコストがちゃんとペイできて、リターンをもたらす特許って自分の知る限りだと極僅かで、儲けるんだったら世の中のニーズと上手く合致して、しかも数年間他者に追いつかれないようにしなきゃいけないので、単純に技術的に優れてるだけじゃなく将来市場が読める嗅覚も必須。

中村先生の話に戻すと、彼は特許を出願する際、その技術が先進的過ぎてベテランの知財担当者には理解してももらえず相手にされなかったらしく、自ら若手の知財部員を掴まえて説得(ゴリ押し)して出願させたらしい。ただ、それは自己顕示欲とかではなく、自分の研究に数億円もの実験費用や留学費用を投資してくれた創業社長への恩返しだとか。

僕個人の意見だけど、中村先生の成功へのターニングポイントは、創業社長が数億円もの実験費用や留学費用を投資してくれた(させた)事なんじゃないかと思う。

そしてこの関係は中央大学の小林三郎先生の講演にもある、イノベーションを生み出す3要素を満たしてるなというのが、個人的な発見と感想。
 ①開発(品)が人間に対して持つ「価値」の発見、設計または再認識
 ②想い、情熱、哲学
 ③厳しく指導しつつも長期間見守ってくれる上司
ただし、この3要素を満たすことが、日本の企業においては実に難しいことだったりするんだ。

ホンダ イノベーションの神髄

ホンダ イノベーションの神髄

 

 

お気に入り曲のBPM分布から作曲のヒントを探る

夏の自由研究
ものっそい久し振りに作曲してるんですが、せっかくなら趣向を変えてみようと思い、今までやったことのないテンポで作曲してるんですが、作業4日目にして完全に行き詰ってしまいました。
この原因を自分のセンス以外から探すこととして、作業中でもテンションが上がるように、楽しんで作曲できるヒントを探るため、自分のお気に入りの曲のテンポ(BPM)分布を調べてみました。

その結果がこちら。

f:id:speed_star_99:20140814032039p:plain


現時点でのN数が50曲程度なので精度はかなり甘いですが、N数を500曲程度を目指して傾向を分析したいと思います。(予想としては、スイートスポットを頂点として、ジグザグ波形の山形になるんじゃないかな。

ただしこの分析は“僕のお気に入り曲”という強烈なバイアスが掛かってるため、まったく汎用性がないです。
ただ僕の思うところ、インプットの懐の広さ=アウトプットの懐の広さ に繋がってくるんじゃないかなと考えています。

※お気に入り曲の定義
・そのバンドを好きになった切っ掛けとなった曲
・高頻度に聞く曲(1月に1度程度は自然と再生する(現在のiTunesライブラリ 12921曲))
・コピーするぐらい好き
iTunesのトップレート曲

DJ視点による楽曲データベースとその努力に感動。

http://people.cs.ubc.ca/~davet/music/index.html
リンク先の『Dave Tompkins :: Music Database』というの、Dave Tompkinsさん個人が所有するCD楽曲にアーティスト名、曲名、アルバム名、時間、BPM、etcをタグ付けして、データベース化しているようだ。

実にユニークだなと思うのが、BPMをタグ付けしていること。
本人もDJをやるらしく、BPMで楽曲群を抽出することができるので、BPMを基準に選曲する際はとても役に立ちそう。
http://people.cs.ubc.ca/~davet/music/bpm/178.html

1曲ずつBPMを調べて手入力しているんだと思うけど、その努力に感動する。

なお、Dave氏本人はコンピューター工学専門の大学教授らしい。
http://people.cs.ubc.ca/~davet/index.html

映画『たまこラブストーリー』を観てきた。備忘録

備忘録的感想、ツイートしたのを追記したり、思ったこと書いてく。

 

たまこラブストーリー』を観てきた。

青春映画の様なカメラワーク、楽曲も青春感溢れてて良いノスタルジー感があった。各キャラクターの“決断”“変化”が主なテーマだろうか。告白シーンをドラマのスタート地点としており、告白から返事までの期間という、当人にとってはとても長く、ただし人生という枠で見ればかなり短い時間・事象を扱っている。

ただ、そのような人生におけるミクロな事象をしっかりと深堀していて、心の変遷の描写に全く隙が無いため、観る側の充実感につながっている気がする。

 

大きくは変化しない日常の描写を徹底したTV版に対して、変化する瞬間を徹底的に描写した劇場版。

映画というメディアの機能に“【人物・世界の変化】を限られた時間枠の中で描写する”があるということを改めて感じさせてくれる。メディアミックスの好例だと思う。

 

キューピッド役のみどりちゃんには幸せになってほしい。